2007年06月29日

「小規模」の拡充を!

民商運動で創設させた、

中小事業者のための制度

市にも働きかけ、拡充を!


岩上さん.JPG


写真は、制度がスタートする前の2006年1月に、登録手続きや制度内容について、西宮民商が市と話し合いを持ち、「中小業者が利用しやすい制度」にと訴えている場面です。


 現在、約60人の中小の建築関連業者が登録しています。これまで、公共工事といえば、中小業者は「下請」「孫請」で、低すぎる単価で、元請(ゼネコンなど)から引き受けざるをえませんでした。この制度は、小規模ながら(現在30万円+消費税以下の修繕工事に限る)、建築許可を持たない市内の同制度登録業者が直接市と契約を結び、工事検査後、すぐに代金の回収ができる(毎月8のつく日が支払日)、理想的な制度です。

 西宮民商は今後もこの制度の拡充のために、運動をすすめていきます。民商会員でなくてもOKですので、このブログにコメントを寄せていただければと存じます。

posted by 西宮民商・経営金融対策&建設部会 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。