2011年01月28日

国税庁交渉打ち合わせ

CIMG0510.JPG CIMG0517.JPG CIMG0518.JPG

全国商工団体連合会本部にて、国税庁交渉の打ち合わせ
昨年10月4日、千葉県松戸市の自殺された業者の苦しみを
全国からやってきた仲間が「心ひとつに」訴える!


 午後5時、全商連本部にて明日(28日)の午前中に行われる国税庁交渉の打ち合わせがありました。西宮民商を代表して私、事務局・大前が出席。今、この文章を東京のホテルの一室で打ち込んでいます。

 約30名の交渉団、机に配られたのは、昨年10月4日に、千葉県松戸税務署の人権無視の徴税権力に力尽きて自殺された業者の、生々しい「遺書」のコピーでした。

  いろんな事があって身も心も
  限界になりました
  皆さんに迷惑をかけてすみません
  支払い税金額は
  市県民税+所得税を合わせると
   六〇〇万円ちかくあります
  県民共済死亡保健(原文のとおり)で
  支払う事ができると思います
  お葬式はしないでお墓に入れて下さい
  お母さんを責めないでやって下さい
  家族の皆さん孫たち姉ありがとう
  会社の皆さんありがとう
  〇〇さんありがとうございます

  〇〇〇〇〇

 松戸民商の代表者の説明に、交渉団全員が耳を傾けました。胸が詰まり、目が熱くなりました。

 亡くなられた10月4日は、国税庁交渉がありました。西宮民商から、井之口利子副会長と大前が出席し、西宮税務署による徴税権力の違法行為を克明に告発した、その日です。

 私たちには使命がある。これ以上、仲間から、全国の全中小業者から、二度と犠牲を出さない。納税者を心理的、精神的に追い込んでいく徴税権力は、明らかに悪である!

 世界を見よう!先進諸国はみな、こういった犠牲を出さないよう、徴税権力は市民や独立行政法人によって監視下に置かれている。真の「納税者権利保護法」が法整備されている。

 野蛮な日本の徴税権力をのさばらせてはいけない!明日は、そのたたかいの大いなる一歩になるよう!
  
  
posted by 西宮民商・経営金融対策&建設部会 at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。