2008年10月31日

藤井たかゆき副会長と国保料を引き下げる!

「国保料の引き下げる西宮市民の会」ニュースから転載

西宮市から全国に発信する

「全ての子どもに国保証を」


国保証のない子・全国で3万3000人に

おおもとは「支払い能力を超えた高すぎる国保料」



ふじい.jpg

(写真は「高すぎる国保料を引き下げます」と、市内を駆け巡り訴える「藤井かたゆき」さん)







おおもとは高すぎる国保料

厚生労働省の調査(10/30発表)で、国保証を持たない子どもが全国で3万3000人に

西宮市から全国へ発信しよう「すべての市民に保険証の発行を!」


 日本国憲法25条は「健康で文化的な最低限度の生活」を国民に保障しています。また、14条「法のもとに平等」では「経済的関係」においても「差別されない」としています。であるならば、払えないほど高い国保料は「保障」しているのではなく、また、滞納者への制裁として国保証を発行しないのは、行政による「憲法への反逆的行為」と言わなければなりません。

 保険証のない子どもたちが大勢います。学校の保健室が病院代わり。テレビのコメンテーターは「払えるのに払わない人がいるのは困ったものだ」と行政を擁護します。西宮市では、300万円所得で五人家族の場合、介護保険料を含めると国保料は年間50万円に及びます。家賃を払い、食費・光熱費を払い、保育料や教育費を払えばどれだけ残るでしょうか?10回払いで月5万円の国保料の捻出は、無理があるわけです。
「所得のうえでは、払えるかもしれないが、国保料をまともに払ったら、生活がなりたたない」のが西宮市の国保加入者(約15万人・後期高齢含む)の現状です。

posted by 西宮民商・経営金融対策&建設部会 at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。